群馬再発見サイト Netz Gunma Navi

会員ページ

高崎のルーツにふれる「水」にまつわるスポット G’NEXT高崎くらがの店エリア

「む」の札で詠まれた、高崎市周辺のエリア。珍しい作りの「佐野橋」と世界かんがい施設遺産に登録された「長野堰用水円筒分水」をご紹介。 

群馬新発見!1

橋げたが流れるつくりの「流れ橋」

佐野橋

佐野橋(さのばし)は、高崎市の烏川に架かる橋げたが木造で作られた橋です。

人と自転車のみ通行することができます。台風や大雨などの増水の際に、橋げたが流されることがあります。

これは、増水時に橋げたまで水がくると橋げたが外れて浮かぶようになっているからです。
このような作りの橋は「流れ橋」と呼ばれ、日本だけでなくアイルランドやオーストラリアなどにもあります。

側には、烏川橋梁があり妙義山など美しい背景を前に、颯爽と走る上信電鉄をじっくりと眺めることができます。

プチっと情報♫

上信電鉄の車両は、いろいろな色や模様などありバリエーションが豊富。通過電車は1時間に4本程度なのでお見逃しなく。橋からの眺めも最高なので、通り過ぎる姿は壮観です。

住所 〒370-0857 群馬県高崎市上佐野町佐野橋
地図で場所を確認

群馬新発見!2

水が貴重だったことを物語る

長野堰用水円筒分水

長野堰用水円筒分水(ながのぜきようすいえんとうぶんすい)は、下流に水量を公平に配分されるように設計された円筒形の設備です。

1962年に完成し、長野堰により烏川から引き込まれた水を、倉賀野堰、矢中堰、上中居堰、地獄堰の4堰へ分配しています。
高崎の街や水田地帯は、水の恩恵を受けにくい地形で、古くから水争いが絶えませんでした。

この不毛に近い地域を潤すために長野堰用水の開削が始まったのは、約千百年前と言われています。

長野堰は、2016年11月9日に、世界かんがい施設遺産にも登録されています。 

プチっと情報♫

長野堰用水円筒分水の周辺が朝の連続テレビドラマのロケ地になったことがあり、有名になりました。

住所 〒370-0046 群馬県高崎市江木町134
TEL 027-322-2249(長野堰土地改良区)
URL http://naganoseki.or.jp/
地図で場所を確認

このエリアの店舗紹介  The Netz Toyota Gunma of this area

住所 〒370-1201 群馬県高崎市倉賀野町33-1
マップはこちら
TEL 027-329-5600
URL http://www.netzgunma.co.jp/shop/shop10.html
営業時間 平日 9:00~19:00
日曜、祝日 9:00~18:00
サービス受付時間 9:00~17:00

店舗からのメッセージ

G'NEXT高崎くらがの店は、U-carを専門に取り扱っています。その中でも、ハイブリッド車とミニバンにおいては、特にこだわりを持ち、県内では数多く取り揃えているお店となります。スタッフの数は3名でかなり小人数ですが、アットホームな雰囲気を大切にし、お客様をお迎えしております。

他の気になるエリアもチェック!