群馬再発見サイト Netz Gunma Navi

会員ページ

レトロなのりものや近代建築物で古きよき日本を感じる 前橋おおしま店エリア

"日本一なつかしい遊園地"の「るなぱあく」と、100年以上の歴史を重ねた「臨江閣」。まるでタイムスリップしたかのような感覚すら感じさせてくれる2つのスポット。

群馬新発見!1

日本一安いのりものが楽しめるレトロな遊園地

るなぱあく

るなぱあくは、前橋市にあるレトロなのりものを楽しむことができる遊園地です。

昭和29年から60年以上も営業を続けるこの遊園地ですが、今でも週末になるとたくさんの親子連れで賑わいます。

メリーゴーランドやウエーブスターライド、まめじどうしゃといったのりもの8種類を1回50円という低価格で乗ることができます。
1回10円で楽しめるのりものもあり、遊園地で一日楽しんでもお財布に安心です。

満4歳未満の子どもが乗るときには、大人の付き添いが無料なのも嬉しいポイント。

プチっと情報♫

開園当時から動く1回10円の電動木馬は、日本で稼働中の遊具としては唯一の登録有形文化財。歴史探訪を楽しむこともオススメです。

住所 〒371-0026 群馬県前橋市大手町3丁目16-3
TEL 027-231-6774
URL http://www.lunapark-maebashi.com/
営業時間 通常営業 9:30~17:00 (3月1日~7月19日・9月1日~10月31日) 夏季営業 9:30~18:00 (7月20日~8月31日) 冬季営業 9:30~16:00 (11月1日~2月28日) 定休日・火曜日
地図で場所を確認

群馬新発見!2

情緒ある近代和風木造建築

臨江閣

臨江閣は群馬県庁近くに建てられた本館、別館、茶室からなる近代和風の木造建築の建物です。

明治17年に迎賓館として建てられた数寄屋風建築の本館と、同じく明治17年に京都の宮大工・今井源兵衛により造られた茶室は群馬県の重要文化財に指定されています。
また明治43年に書院風建築を用いて建てられた別館も前橋市指定の重要文化財となっています。

百年以上の年月を経た建築物は、訪れた人々に歴史を感じさせてくれます。

現在は修復改修工事のため平成29年7月まで閉館中ですが、文化財の価値が薄れることのないように耐震補強工事を実施し、冷暖房機の導入や館内のバリアフリー化も検討され、来年8月には快適な環境が提供され、ますます期待できそうです。

プチっと情報♫

臨江閣周辺の日本庭園は無料で散策することができます。 風情のある庭園で小川のせせらぎを聞きながら見る臨江閣も一見の価値あり。

住所   〒371-0026 群馬県前橋市大手町3-15
TEL   027-280-6511 (前橋市文化財保護課)
URL   http://www.city.maebashi.gunma.jp/kurashi/230/266/270/p003282.html
営業時間 改修工事の為、現在閉館中
地図で場所を確認

このエリアの店舗紹介  The Netz Toyota Gunma of this area

住所 〒379-2154 前橋市天川大島町111
マップはこちら
TEL 027-261-5905
URL http://www.netzgunma.co.jp/shop/shop02.html
営業時間 平日 9:00~19:00
日曜、祝日 9:00~18:00
サービス受付時間 9:00~17:00

店舗からのメッセージ

広いショールームが魅力の前橋おおしま店は、展示車も多く取り揃え、「エリア86認定ショップ」、au携帯電話を扱う「PiPit店」にもなっており、お客様にも幅広くご満足頂いております。
スタッフの数も多く、元気な挨拶をモットーにいつもお店の中は、活気にあふれています。

他の気になるエリアもチェック!