群馬再発見サイト Netz Gunma Navi

会員ページ

春の館林 館林店エリア

あの有名なお話しの舞台となっている茂林寺。様々な狸がお出迎えしてくれる ユーモア溢れるお寺をご紹介します

群馬新発見!1

分福茶釜の茂林寺

茂林寺

お伽噺「分福茶釜」(ぶんぶくちゃがま)。みなさんも、子どもの頃に一度は読んだことがあるのではないでしょうか。

実はこのお伽噺は、茂林寺の寺伝が元となったといわれています。その昔、茂林寺で千人法会が催された時、住職の守鶴が大勢の来客を賄う湯釜を用意しました。その湯釜は、とても不思議なことに、一度水を入れると、一昼夜お湯を汲み続けても尽きることがありませんでした。守鶴は、自らこの茶釜を、福を分け与える「紫金銅分福茶釜」と名付けました。しかしその後、守鶴は狸であったことが周囲にばれてしまい、これ以上茂林寺にはいられないと、飛び去ってしまったと言い伝えられています。のちにこれが、お伽噺「分福茶釜」として出版され、広く世間に知られることとなりました。

本堂北側には、狸が化けたとされる「分福茶釜」も展示されており、見学することも可能です。また、厳かな雰囲気が漂う境内の総門から、赤門へと続く参道には、様々な表情をした21体もの狸像が並んでおり、季節に応じて変わる「狸像のお召し物」や境内の至るところにある「信楽焼の狸」、「狸の剥製」など「狸コレクション」と称する日本各地の狸グッズにも注目です。

プチっと情報♫

茂林寺の門前を通り過ぎて、茂林寺沼を歩くとローズガーデンの美しい東武トレジャーガーデンがあります。今流行りのガーデンウェディングもやっているそう。ロマンチックな瞬間に遭遇できるかも!入園料は時期によって違うので、行く前にはホームページを要チェックです。

住所 〒374-0033 群馬県館林市堀工町1570
TEL 0276-72-1514
URL http://www7.plala.or.jp/morin/
地図で場所を確認

群馬新発見!2

さあ行こう 夢といっしょに 科学の国へ

向井千秋記念子ども科学館

群馬県館林市出身で1994年と1998年にスペースシャトルに搭乗した日本人女性初の宇宙飛行士である向井千秋宇宙飛行士が名誉館長を務める科学館。

お子様連れでも宇宙の不思議や科学について誰でも楽しく学ぶことができ、雨の日でもゆっくり遊ぶことができます。直径23mの大きなドームは群馬県内最大。その中のデジタルプラネタリウムでは迫力ある映像と臨場感のあるサウンドで、壮大な宇宙のスペクタルを味わえます。季節によっては、天体観測や科学実験なども行われているので、事前に科学館のホームページをチェックしてみてください。また国内でも珍しい、月の重力を疑似体験できる「ムーンウォーカー」は大人気なので、来館された際には、ぜひ一度体験しみてくださいね。宇宙に興味をもつきっかけになるのではないでしょうか。

プチっと情報♫

宇宙のことだけでなく、昆虫の展示や館林にゆかりのある自作小型飛行機まで展示してあるのにも注目です。ここに来ると、いろいろなことがたくさん学べそうですね!

住所 〒374-0018 群馬県館林市城町2番2号
TEL 0276-75-1515
URL http://www.city.tatebayashi.gunma.jp/kagakukan/
地図で場所を確認

このエリアの店舗紹介  The Netz Toyota Gunma of this area

店舗名 館林店
住所 〒374-0039 群馬県館林市美園町8-16
マップはこちら
TEL 0276-74-7401
URL http://www.netzgunma.co.jp/shop/detail/id/19
営業時間

平日/10:00〜19:00(サービス最終受付/18:00)日曜・祝日/10:00〜18:00(サービス最終受付/17:00) 

店舗からのメッセージ

当店のモットーは「すべてのお客様に感謝の気持ちで接客応対」です。ご来店してくださるお客様に、店内で快適にお過ごしいただき、笑顔でお帰りいただけるようスタッフ全員が「おもてなしの心」と「思いやりの心」を大切に、お客様と接しております。これからも、もっともっとお客様に愛される店舗を目指して参ります。

他の気になるエリアもチェック!