群馬再発見サイト Netz Gunma Navi

会員ページ

春の館林 館林店エリア

写真映えするさまざまな色と種類があるツツジは、思わずため息が出るほどの 美しさ。季節を選ばず自然を楽しめる公園

群馬新発見!1

館林市が世界にほこる日本一のツツジの名園

館林市つつじが岡公園

公園の場所は、昔から野生のヤマツツジが群生する地で、室町時代の書物には 既に「つつじが崎」の名で記載されています。 現在は、園内の東側のツツジが植栽されている丘は、地元の方々に「花山」と呼ばれ、ツツジと青空のコントラストが写真映えすると県外からも多くの観光客を集める人気スポットになっています。例年4月中旬から5月にかけては、燃えるような赤や鮮やかなピンク、雪のような白の約1万株ものツツジが咲き誇り、圧巻の景色がひろがります。

種類も豊富なので様々な形のツツジを見て、新しい発見をしてみるのはいかがでしょうか。また上から水が降ってくる珍しい噴水もあり、夏にはお子様の水遊びスポットとしても楽しめます。広大な敷地ではウォーキングされている方も多いので、四季折々の素晴らしい自然を感じながら、ゆっくり歩いてみるのもおすすめです。

プチっと情報♫

毎年5月には、約5,000匹の大量のこいのぼりが飾られる「世界一こいのぼりの里まつり」が開催されます。このこいのぼりの数は、なんと2005年にギネス認定された世界記録となっています。たくさんのこいのぼりがのびのびと泳ぐ様子は、まさしく「圧巻!」のひと言です。一度は見てみたい風景ですね。

住所 〒374-0005 群馬県館林市花山町3278
TEL 0276-74-5233(つつじが岡公園総合管理事務所)
URL http://www.city.tatebayashi.gunma.jp/tsutsuji/
地図で場所を確認

群馬新発見!2

町の発展とともに歴史が残した美しい洋風建造物

旧上毛モスリン事務所

「モスリン」とは木綿や羊毛などの細い単糸を使用した平織りの布のこと。上毛モスリン株式会社は、館林周辺の伝統技術である「機業」を活かして明治35年に設立され、近代産業のひとつとして町の発展に大きな影響を与えました。

小屋組みを基本とした和風の建築ですが、上げ下げ窓、柱、手すり、天井など、随所に洋風建築発達時の技法が取り入れられており、シンメトリー(左右対称)のとてもオシャレな佇まいを、今でも残しています。

建物の中は見学も可能で、当時の珍しい資料や、美智子皇后の 祖父で館林市第1号名誉市民の正田貞一郎氏が、 昭和10年代に日清製粉の前身である館林製粉の農場視察の際に使用していた大きく立派な馬車(国産製)も展示されています。

プチっと情報♫

2階の可愛らしい天井のシャンデリアは大正時代のもので、取り付け部分も木で作られたハ角形の星形に装飾され、当時としては非常に珍しいデザインなのでお見逃しなく。

住所 〒374-0018 群馬県館林市城町2-3 館林市第二資料館敷地内
TEL 0276-74-9665
URL http://www.city.tatebayashi.gunma.jp/bunka/05_dai2/05_dai2.html
地図で場所を確認

このエリアの店舗紹介  The Netz Toyota Gunma of this area

店舗名 館林店
住所 〒374-0039 群馬県館林市美園町8-16
マップはこちら
TEL 0276-74-7401
URL http://www.netzgunma.co.jp/shop/detail/id/19
営業時間

平日/10:00〜19:00(サービス最終受付/18:00)日曜・祝日/10:00〜18:00(サービス最終受付/17:00) 

店舗からのメッセージ

当店のモットーは「すべてのお客様に感謝の気持ちで接客応対」です。ご来店してくださるお客様に、店内で快適にお過ごしいただき、笑顔でお帰りいただけるようスタッフ全員が「おもてなしの心」と「思いやりの心」を大切に、お客様と接しております。これからも、もっともっとお客様に愛される店舗を目指して参ります。

他の気になるエリアもチェック!